社是
1.社員1人ひとりの人間的成長で利益を生み出す
1.お客さま、地域社会、仲間からの信頼を喜びとする
1.安全、品質、コンプライアンスはすべての基本
社訓
1.創意工夫
 (高技術、高品質、効率工事への限りなき挑戦)
1.安全文化
 (報告、公正、柔軟、学習の文化の構築)
1.企業倫理
 (企業行動憲章の遵守)
企業行動憲章
栃木県電気工事株式会社(栃電工)は、お客さまや発注元、地域社会の皆様、株主、ビジネスパートナー、従業員、その他社会の多くの皆様との関係を重ねつつ、その期待に誠実に応え、信頼をいただくことが基本的な使命であり、持続的に成長を遂げていくための基盤であると考えます。

栃電工は、こうした皆様との信頼の絆を揺るぎないものとし企業の社会的責任を果たすため、企業行動のあらゆる局面において、倫理を保つことを基本に以下の原則に基づき行動します。

 1. 人間の尊重
事業活動のあらゆる場面において、安全を最優先します。また、人権に関する基本原則を守り、いかなる差別も行わず個人情報の保護を徹底するなど、人権を尊重します。

 2. 企業倫理の徹底
すべての事業活動において、関係法令、社会ルールおよびそれらの精神を遵守し、誠実に行動するなど企業倫理を徹底します。

 3. 透明な事業活動の推進
広く社会とのコミュニケーションを行い、透明性の高い開かれた事業活動を推進します。また、発注者とは、健全かつ正常な関係を維持します。

 4. 品質と安全確保
お客さまおよび発注者の信頼と満足をいただけるよう、品質、安全の確保に万全を期し常にその価値を高めていきます。

 5. 環境問題への積極的な取り組み
地球環境問題の取り組みを始め、自然環境や、生活環境の保全・創出、最適な資源循環の実現に積極的に取り組み持続可能な社会づくりに貢献します。

 6. 地域社会の発展への貢献
地域の方々に事業活動を支えていただいているとの基本的な認識に立ち、良き企業市民として、地域社会の発展に貢献する活動を行います。

 7. 明るく元気な職場づくり
安全で働きやすい職場環境を確保するとともに、従業員の人格・個性を尊重し、自主性と創造性を発揮できる明るく元気な職場を作ります。

栃電工経営方針
 1. 災害事故の撲滅
 2. 働きがいのある職場づくり
 3. コンプライアンスの浸透
 4. 顧客満足度の向上
 5. 持続的成長
CSR活動
当社はCSR活動の一環として、以下の活動を継続的に行っています。
 ・各事業所周辺の清掃活動
 ・不要なアルミ缶の回収活動
 ・レジ袋削減のため、マイバック使用の励行 
 ・宇都宮まちづくり貢献企業
会社概要

会社名
栃木県電気工事株式会社
所在地
栃木県宇都宮市中戸祭町821-14
代表者
代表取締役社長  阿久津 義一
電話番号
028-622-4206(代表)
設立年月日
1959年(昭和34年)12月14日
事業内容
架空配電線工事、計器取替工事、屋内外電気設備工事
太陽光発電システム施工・販売、オール電化機器販売、リホーム、リサイクル事業
事業エリア
栃木県内全域(各事業所一覧)
資本金
2,850万円
従業員数
社員200名、パート17名、協力会社100名(令和3年4月現在)
取引銀行
栃木銀行、足利銀行
関連会社
栃電サービス株式会社

会社沿革
昭和34年12月
栃木県電気工事株式会社設立
資本金250万円
初代社長に横堀剛氏が就任
栃木県知事から、建設業(電気工事業)の許可を受ける

昭和35年 3月
県内12事業所で配電線工事の営業を開始
事業所・・・本社、大田原、今市、矢板、黒磯、宇都宮、鹿沼
茂木、小山、栃木、足利、佐野

8月
資本金を250万円から570万円に増資

昭和36年 9月
足利営業所を新築

12月
佐野営業所を新築

昭和37年 2月
矢板出張所を新築

4月
社章・社旗を制定

昭和38年 1月
鹿沼営業所、小山営業所を新築

9月
佐野営業所を新築移転

昭和40年 9月
資本金を570万円から1,140万円に増資

昭和41年 5月
鹿沼営業所、栃木営業所、大田原営業所を新築移転

昭和42年 2月
資本金を1,140万円から2,280万円に増資

9月
茂木営業所を廃止し真岡営業所を新設

昭和44年 12月
創立10周年

昭和45年 12月
今市出張所を廃止し鹿沼営業所へ統合

昭和46年 1月
佐野営業所を廃止し足利営業所へ統合
本社、宇都宮営業所合同社屋を新築

6月
黒磯出張所を廃止し大田原営業所へ統合

8月
小山営業所を新築移転

昭和47年 10月
真岡営業所を新築移転

昭和48年 6月
皆川義雄氏が第2代社長に就任

11月
足利営業所を新築移転

昭和52年 9月
氏家工事所を開設

昭和53年 12月
宇都宮営業所を本社と分離し新築移転
氏家工事所を氏家営業所と名称変更し新築移転

昭和54年 12月
創立20周年

昭和56年 2月
栃木営業所を新築移転

昭和59年 6月
栃木県知事から、とび・土木工事業の許可を受ける

昭和60年 3月
富田光市氏が第3代社長に就任

昭和62年 11月
矢板出張所を廃止し大田原営業所へ統合

平成元年 12月
創立30周年

平成 2年 6月
資本金2,280万円を2,850万円に増資

7月
鹿沼営業所を新築移転、同敷地内に総合研修所を新築

10月
栃木県知事から、電気通信工事業の許可を受ける

平成 3年 6月
北村勇氏が第4代社長に就任

平成 4年 8月
真岡営業所を新築

平成 5年 6月
社是・社訓を制定

平成 6年 10月
宇都宮営業所を新築移転

11月
足利営業所を新築移転

平成 9年 6月
斎藤公司氏が第5代目社長に就任

平成 11年 4月
大田原営業所を新築

12月
創立40周年

平成 12年 12月
氏家営業所を新築移転

平成 13年 6月
横堀勝男氏が第6代目社長に就任

平成 15年 4月
事業所統廃合と名称変更の実施
大田原営業所を県北営業所へ名称変更
宇都宮営業所を廃止し鹿沼営業所へ統合、県央営業所へ名称変更
総合研修所を総合研修センターへ名称変更
真岡営業所を県央営業所真岡工事センターへ名称変更
小山営業所と栃木営業所を統合し県南営業所を新設
足利営業所を県南営業所足利工事センターへ名称変更
氏家営業所を廃止
太陽光発電事業部を新設

平成 17年 4月
矢板事業所を新設

平成 21年 6月
吉原勝氏が第7代目社長に就任

12月
創立50周年

平成 22年 5月
県央営業所真岡工事センターを真岡営業所、県南営業所足利工事センターを足利営業所業へと名称変更
総合研修センターを県央営業所敷地内から宇都宮市野沢町へ移転

平成 26年 6月
瀬野尾清氏が第8代目社長に就任

令和 3年 4月
氏家事業所開設

所在地

栃木県電気工事株式会社

栃木県宇都宮市中戸祭町821-14
電話 028-622-4206(代表)
FAX 028-627-3740